第27回クイズフェスティバル。in東大宮



カテゴリ:[ 趣味 ] キーワード: クイズフェスティバル


21件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[22] 第27回タイムテーブル発表

投稿者: 初代実行委員長・山本 投稿日:2017年 9月18日(月)08時18分10秒   通報   返信・引用   編集済

2017年11月19日(日) 東大宮コミュニティセンター大会議室
(JR宇都宮線東大宮駅西口下車直進徒歩三分)

第27回クイズフェスティバル。タイムテーブル発表いたします。
(企画者名は敬称略)
主催・グランドスラム有志 司会・福西省平
開会式            10:50~
第一企画・井上仁       11:00~12:40
第二企画・カタオカケイタロウ 12:50~14:30
第三企画・関口あすか     14:40~16:20
敗者復活・栄東中高クイズ研  16:30~17:30
 決勝戦・田中健一      17:35~18:35


エントリー開始は2017年9月30日(土)23時59分から開始いたします。
エントリーフォームは直前になりましたら公開いたします。

今回もよろしくお願いいたします。ぜひご参加くださいませ。
初代実行委員長・山本信一




[21] 第27回大会日程決定

投稿者: 初代実行委員長・山本 投稿日:2017年 5月22日(月)23時15分54秒   通報   返信・引用

開催日が正式に決定いたしました。
2017年11月19日(日)東大宮コミュニティセンター
詳しいことは後ほど告知させていただきます。

今年もよろしくお願いいたします。



[19] 第26回クイズフェスティバル。大団円(重大発表付き)

投稿者: 初代実行委員長・山本 投稿日:2016年11月23日(水)01時15分45秒   通報   返信・引用

さてクイズ終了後は居酒屋文蔵にて「大人のフェスティバル」(命名・神尾先生)でございます。日曜日夜なのに大勢集まっていただきありがとうございました。

勝った人も負けた人も活躍した人もイマイチだった人も酒の席ではみんな平等。
感想戦で盛り上がっていただければ主催者側としては大変嬉しく思います。

さて重大発表でございますが、早くも第27回大会開催が決定いたしました!!
2017年11月18日or19日に東大宮で開催いたします。

さらに!。企画者陣もあっという間に決定いたしました。
飲み会の席で、企画やりたい人の立候補が相次ぎ、大会開催できるのです。
本当にありがとうございます。
無理なさらないで、どんな内容でもOKなので、全員が楽しめるクイズをやりましょう。

第26回大会終わって3時間も経たないのにこんなに簡単に決めて良いのかな。
フェスティバル。が26回続いた理由。それは「勢い」です。
後先考えずに先に進めば必ず良い結果を出してまいりました。(一部失敗もあったけど)

「第27回大会」もよろしくお願いいたします。
寛大で清らかな心を持った皆さま。ぜひ999円持って東大宮に集まりましょう。
とにかくクイズを楽しみましょう。

それではまた。1~5、大団円と長文レポートに付き合っていただきありがとうございました。
メモとか一切取らずに記憶だけでレポート書いたから、事実誤認とかあると思いますので、
ご指摘いただければ幸いです。

また「フェスティバル。掲示板」も残しておきます。http://6221.teacup.com/quizfes/bbs
情報小出しにしていきますのでまた一年間付き合ってね。

それではまた。来年東大宮でお会いいたしましょう。(おしまい)



[18] 第26回クイズフェスティバル。レポート5

投稿者: 初代実行委員長・山本 投稿日:2016年11月23日(水)01時13分19秒   通報   返信・引用

さていよいよ大決勝・グランドチャンピオン大会です。12人の精鋭に名勝負を期待。
出題者はなんと田中健一さん。「第16回アメリカ横断ウルトラクイズ」優勝。最近では情報番組「なるほどストリート」で街をブラブラしてタレントさんに蘊蓄を披露されております。

ルールは上座争奪クイズ。早押しで正解すれば3ランクアップ。不正解だと3ランクダウン。
数問に一問、読み切りボードクイズ。最上位に居ても単独不正解やらかせば一気に最下位転落という何とも恐ろしくスリル満点のボード。こんな迫力あるクイズ滅多にお目にかかれない。

田中健一さんの至高のクイズは難問だけど超良問。観客席も緊張感満載。こんな体験めったに出来ないぞ。東大宮が「クイズの街」になりました。正解が出るのがすごいよ。

濃密で至高な時間があっという間に過ぎて優勝者は(ドラムロール連打)
中野亨さんでした!!。(二年連続2回目)
あのタスキが合計730日ほど中野宅に滞在。幸せだなあ。


優勝決定問題(ボードクイズ)
江戸時代に流行った歌に由来し、元々は猫のことを指していた、
女の子が年齢の割にませた言動をすることを指す言葉は何でしょう?
正解(おしゃま)

優 勝:中野亨(あすかさん企画)
 2 位:道蔦岳史(福西くん企画)
 3 位:服部修治(あすかさん企画)
 4 位:東大輔(上田先生企画)
 5 位:片岡桂太郎(福西くん企画)
 6 位:舛舘康隆(上田先生企画)


そのあと閉会式。企画者の皆さまが登壇。みなさま本当にありがとうございました。
栄東中学の10人お疲れさまでした。この中から未来のクイズ王が出ると期待。
実は各企画でとんでもない正解叩き出しているのよ。栴檀は双葉より芳し。
参加者の皆さま。来年は中野さんを倒しましょう。

その後は...。いわゆる「大人のフェスティバル。」にて、なんと重大発表が!!
期待できる内容です。お楽しみに。もちろん私の結婚発表では無い。.
(大団円に続く)



[17] 第26回クイズフェスティバル。レポート4

投稿者: 初代実行委員長・山本 投稿日:2016年11月23日(水)01時06分44秒   通報   返信・引用

ここまで合計300分のクイズバトルを終えて大決勝進出を決めたのは10名。
おめでとうございます!ただメンバーを見ると全員オープン大会などで実績ありまくりのレジェンド。
いつもは、運だけで進出される人が一人か二人いるんだけどね。

というわけで皆さまお待たせいたしました。本日のメインイベント「栄東中高クイズ研究部」によります。敗者復活戦でございます。
ここまで惜しくも勝てなかった皆さま、栄東のクイズをやりたいがためにあえて勝ちを譲ってきた皆さま、出番でございます。最後の二枚の切符を掴み取りましょう。

まずは部員約40名でごあいさつ。毎年これが楽しみ。青春だな。
自分も栄東中学で勉強したかった。自分の出身中学にはクイズ研なかったし神尾先生のような熱血先生がいなかったのよ。「もしもボックス」誰か持ってないか?

一回戦は参加者を5組に分けて「クイズ100人に聞きました」
早押しを出題。正解すると「栄東中高生100人に聞きました。答えは三つ。もし一万円もらったらどうする?」というような質問が出る。これで正解を導けば第二回戦に進出。

これは楽しかった。生まれて初めて「あるあるあるある!!」コールさせていただきました。
ちなみに上記の問題で「親にプレゼントする」と答えたときは「ないないないない!」コールが女子高校生から出ていました。神尾先生悲観することは絶対にないです。


「国語の教科書に載っている物語で好きなのは何?」
「お年玉の総額は?」
「先生に言われたらイヤな言葉は何?」
あるあるコールとないないコールが乱舞する昭和に戻ったようなアットホームな大会でした。
あの勝者帽子欲しかったな。見送り旗やパネルもそうだけど、全部部員の手作り。
既製品はほとんどない。これが栄東中高だ。素晴らしいとゆいたい。

第二回戦進出者6名が決定。ここで負けた58名はこの時点で優勝の可能性が完全消滅。
ここまでの健闘を称えます。また来年頑張ってくれ。

さて第二回戦=敗者復活者決定戦はウルトラでおなじみの「双子神経衰弱」
さすがに双子がそんなにいるわけもないので、同じ服装ペアを二組当てた2名が大決勝進出となります。

まずは女子高校生4人のダンスを堪能。これだけでも入場料999円の価値はあったぞ。
リアルでJKの生ダンスを拝見できる機会なんでそんなにない。幸せだなあ。
ところで6名の中には田中健一さんがいらっしゃる。彼は大決勝の出題者。
田中さんが勝った場合は特別3名が決勝進出になります。こういう臨機応変はいいな。

クイズ正解ごとに制服や体操着やウォーリーに扮した男子、女子が登場。解答者は苦戦しておられました。クイズ屋のファッションはチェック柄。には笑った。確かにそうだ。
また今年の高校生クイズファイナリスト二人が「栄東」のゼッケンつけて登場のサプライズ。
天下のファイナリストをなんて贅沢な使い方をするんだ。

田中健一さん、新井仁一さん、土橋史幸さんが双子を揃えて勝者に。
田中さんは大決勝司会をつとめていただくので新井さん土橋さんがグランドチャンピオン大会に進出決定。これで12名揃った。

栄東中高の皆さま本当にありがとうございました。
数年前クイズフェスティバル。の本拠地を亀戸から東大宮に移したのですが、ここで栄東の皆さまと出会えて本当に良かったです。(学校は東大宮にあるのです)
これからも長いお付き合いになりそうです。今後ともよろしくです。
神尾先生の「フェスティバル。は第二の文化祭」というお言葉にはスタッフ一同大感謝。

さていよいよグランドチャンピオン大会だ。メンバーがすごい。出題者もすごい。
(レポート5に続く)



[16] 第26回クイズフェスティバル。レポート3

投稿者: 初代実行委員長・山本 投稿日:2016年11月23日(水)01時04分39秒   通報   返信・引用

さてさて第三企画は福西省平さん。何と100分間全て使っての「順番待ちビジュアルクイズ」
抽選によって決めた順番で、参加者全員を一列に並べる。
全員1ポイント持ちでスタート。プロジェクターを使ったビジュアル映像クイズを出題し、前から5人に順番に解答権を与える。正解の場合、ポイント付箋を1枚渡し、最後尾に並ぶ。不正解の場合はそのまま最後尾へ。

5人で答えが出ない場合、問題が解放され、後ろに並んでいる人も答えられる。(挙手制)
同時に複数人が手をあげた場合、前に並んでいる人から優先。
解放後に挙手して答える場合は、正解すればポイントもらえるが誤答の場合はポイント没収。

本当に完成されたルールだ。一問たりとも見逃せない。
一番くじ引いた内藤英子さんからスタート。スルーがほとんど出ない。難問が出題されて先頭5人が答えられなくても後ろで確実に答える人が出る。良質な問題を100問以上堪能できて幸せだと言うしかない。

ここでは栄東中学クイズ研のメンバーが大活躍。大の大人が答えられない問題を中学生がサクッと答える。このたびに大歓声。なんて温かいんだ。
唯一の女子中学生、上田企画でも活躍した大山さんが大仕事をやってのけました。

斎藤道三と栃錦の映像がスクリーンに映される。福西さんが「この二人に共通するニックネームは?」という問題で「マムシ」と即答。これには驚いたな。
斎藤道三はともかく、栃錦のこと知ってる女子中学生なんで日本で五人以下だと思うぞ。
栄東中学恐るべし。神尾先生名伯楽。

楽しい楽しい100分間があっという間に過ぎました。
得点順に徳久倫康さん、道蔦岳史さん、さらに脇屋会長裁定で得点上位の山下雄太さん、片岡桂太郎さんまでが大決勝進出決定。さすが会長!と言いたいところだが、敗者復活の枠が2つしかなくなったぞ。(レポート4につづく)



[15] 第26回クイズフェスティバル。レポート2。

投稿者: 初代実行委員長・山本 投稿日:2016年11月23日(水)01時02分13秒   通報   返信・引用

さて第二企画は上田洋一先生。「皆さまにお気に入りのクイズ本(問題集)を一冊ご持参いただきます」という事前告知がありました。さすがに独特な上田ワールド。大会前からつかみはOK。(古い)

ルールは『クイズ本PK』 二人組を作り、持参したクイズ本から交互に2問づつ出題する。
※出題は、問題集の1問目→最終問題、同店の場合は近似値一本勝負。
これを三回繰り返す。(二回戦の出題は、2問目→ラス前、三回戦は3問目→ラス前の前)

これは面白かったなあ。ほとんどの参加者は解答者の経験はあるけど、出題者の経験はない。
「出題者は神」を実感できるというお得な企画。
一回戦では36人の出題者と36人の解答者が同時にクイズというカオス状態。
この状態はとても文章には出来ない。
一回戦で道蔦‐徳久という夢の対決などがあり、3勝した9名が準決勝進出。

ちなみに自分が用意した問題集は「第一回abc」。これが最弱に近いカード。
一回戦で出題した問題は「abc~the first~」にようこそ!さて、ABC...と始まるアルファベットは、全部で何文字でしょう?」
「ポーカーで、5枚のカードをすべて同じスートで揃えた役を何というでしょう?」

もちろん対戦相手の内藤英子さんに2問正解されて敗退。内藤英子さんおめでとう。
内藤さんはこの勢いで3連勝して準決勝進出。まさしく神ってた。

9人から5人への準決勝は電光石火で終わり、決勝戦と敗者復活は同時進行。
10歳代20歳代30歳代40歳+α代ごとに男女一人づつ計8名をジャンケンで選抜。
この8人に決勝進出者がそれぞれ2問出題。合計の正解数が13になれば大決勝進出。

特筆すべきは市川尚志さん。8名全員正解が求められる場面で出題されたのは
「人気アイドルグループ『モーニング娘。メンバー全員に共通する性別は何?」
この問題は第1回マンオブサイヤーで自分が誤答した問題。15年ぶりに聞いた。
もちろん全員正解で市川さんは大決勝進出。

舛館康隆さんは日本最初のクイズ番組「話の泉」の問題集を持参されるというマニア垂涎の荒業。これを温存して別問題集で戦って、第二位で大決勝進出。強い人は何やっても強い。
また世代代表8名で最も正解数多かった蛭田一樹さんと、蛭田さんに投票した東大輔さんが同じく大決勝へ。この流れも神ってた。クイズも強くて運も強いなんてうらやましいとゆいたいです。

さて次は福西さん企画。またしても早押し機は使わない...。(レポート3に続く)






[14] 第26回クイズフェスティバル。レポート1

投稿者: 初代実行委員長・山本 投稿日:2016年11月23日(水)01時00分2秒   通報   返信・引用

初代実行委員長の山本信一です。
クイズフェスティバル。にご参加していただきありがとうございました。
参加されなかった皆さま。また来年お待ちしております。

この場をお借りして、「第26回大会レポート」を5回+大団円で書きます。
お付き合い願えればありがたいです。事実誤認とかあったらご指摘いただければ幸いです。
(mixi日記の転載です。実は私、クイズ界のマイミクさん数少ないのよ...。


2016年11月20日(日)東大宮コミュニティセンターにて「第26回クイズフェスティバル。」が開催されました。1992年の第一回から25年間、途中休止も年三回開催とかありましたが、何とか続いております。自分は22回まで実行委員長。23回以降は会長はじめグラスラ有志で主催しております。

今回の司会者は下谷友治さん。会長がスカウトしてきた超逸材。軽妙なトークで会場が和む。
中野亨さんからトロフィー返還。平成元年から一度も洗濯していないタスキは不人気なようだ。
毎年恒例で前回優勝者に聞いている、今回の優勝者予想で指名されたのは、私、山本信一。
これは名誉だ。優勝しなければ。というかいままでコースすら抜けたことないのだが。

第一企画は関口仁、あすか夫妻。「デスノート」をモチーフにしたクイズ。
まずは参加者を10組に分けたウォーミングアップクイズ。
大会開始30分で全員は早押しクイズが出来るという親切な試み。
これ本当にありがたいのよ。ここで勝てば次が有利。負けても普通に戦える。
これで会場全体の雰囲気が暖まる。10組終了後に自分は今大会が成功することを確信しました。
さすが関口夫妻だ、心温まる。と昨年も同じこと書いたな。良いことは何度でも書く。
勝った30名には「死神カード」というアドバンテージ獲得。

その後どんどん決勝戦進出者が決定。全員が6種類のクイズに挑戦できるとはなんて親切なんだ。

序列つき多答クイズで「いて座」が勝抜けとか、集団心理とか盲点はあるものだな。

さて決勝は昨年大好評だった「バトルロワイヤル」。
ステージ上はむさくるしい男6人。暑苦しいがまあいいか。
「高知(たかち)」「川谷」「舛添」「桃田」「乙武」「喜多川」
「姫守」「詩羽楊」「大魂」「初珠」「羽日夢」という言葉が乱舞する大乱戦。
ちなみに「羽日夢」って「ぱひゅむ」って読むのよ。最近のキラキラネームは素晴らしいな。

勝者は中野亨さんと服部修司さん。クイズも強かったが駆け引きが上手く運も強い。
こういう人がバトルロワイヤルを勝ち抜くのね。誤答すると勝てない。

第一企画から大成功。幸先良すぎる。関口仁さん、あすかさんありがとう。

さて次は上田企画。どうなることやら。「今回問題一問も作ってないのよ」と聞いていたので、
一抹の不安があったのですが...。(次回につづく)



[13] 最終インフォメーション!

投稿者: 脇屋恵子 投稿日:2016年11月19日(土)16時09分17秒   通報   返信・引用   編集済

「第26回クイズフェスティバル。in東大宮」、いよいよ明日の開催となりました。
エントリー頂いた方には最終の返信をさせて頂いておりますが、
栄東中高クイズ研究部顧問の神尾先生からメッセージを頂き、一点、訂正があります。

>>栄東の企画紹介のなかで、12名の生徒を~とありましたが、当日は一日中参加するのが12名、敗者復活企画はその12名に企画運営のみを増員して総勢40名で企画いたします。

とのことです!
失礼致しました。
よろしくお願い致します。

また、東大宮駅西口は、改札を出て左です。



[12] 田中健一さんの決勝企画

投稿者: 脇屋恵子 投稿日:2016年11月13日(日)01時29分28秒   通報   返信・引用   編集済

最後はクイズ王、田中健一氏の登場です。

関口あすかさん企画、
上田洋一さん企画、
福西省平さん企画、
そして栄東さん敗者復活企画から

勝ち残った最大?名のみなさまを
待ち受けているのが

田中氏の嗜好(?)・・・じゃなかった、至高(?)のクイズ!

内容は・・・当日のお楽しみ!


レンタル掲示板
21件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.