第29回クイズフェスティバル。in東大宮



カテゴリ:[ 趣味 ] キーワード: クイズフェスティバル


60件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[68] 令和元年11月9日(土)は第29回大会ですよ。

投稿者: 初代実行委員長・山本信一 投稿日:2019年 5月 7日(火)10時07分44秒   通報   返信・引用

速報です。「第29回クイズフェスティバル。in東大宮」の日程が決定いたしました。

令和元年11月9日(土曜日)東大宮コミュニティセンター大ホール

企画者の皆さま。参加者の皆さま。心よりお待ちしております。

大会を成功させましょう!

初代実行委員長・山本信一




[67] 明日は会場取り抽選会

投稿者: 初代実行委員長・山本信一 投稿日:2019年 5月 6日(月)14時59分16秒   通報   返信・引用

明日、クイズフェスティバル。東大宮会場抽選会だけど、11月は市の行事などで終日取れる日が少ない。さらに3日、4日、10日、23日、24日に別のクイズ大会が入っている。抽選会に参加できる日は令和元年11月9日(土)のみ。ここを外すと別会場探すか12月に延期となります。明日10時頃にここで結果報告します。



[65] 第28回大会回顧録「第八章・大団円」

投稿者: 初代実行委員長・山本 投稿日:2018年11月20日(火)00時11分54秒   通報   返信・引用   編集済

さていよいよ「大人のフェスティバル。(命名・神尾先生)」の時間でございます。
東大宮駅前・居酒屋文蔵にて飲み放題コースです。
二年後と五年後に竹原くんと千原くんがこのお店で片岡さんのおごりでお酒を飲む予定であります。

脇屋会長がセーラー服姿でウロチョロしてるのですが皆さんは見ないふり。

乾杯の音頭はもちろん第二企画主催者&大会優勝者の多ヶ谷有さん。
そしてあっという間に無法地帯になりました。
お酒が入れば優勝者も敗者も関係ない。クイズとお酒は楽しくあるべきだとゆいたい。

ここで3年連続の快挙が。またしても来年「第29回大会の企画」をやりたいという立候補者が現れました。本当に嬉しくありがたいことです。

グランドスラムメンバーの高齢化問題は深刻ではございますが来年も運営頑張らなくては。
なんせ大半のメンバーが50歳以上なんですよ。若い人に負けてたまるか。
今回準優勝の橋本信明さんは58歳です。100人以上参加の大会では最高齢の準優勝者ではないでしょうか。閉会式でもっと祝福すれば良かったなあ。

今大会は小学生、中学生、高校生、大学生、社会人の「世代を超えた交流」が出来た大成功の大会だったと思います。いつも開会式で話してはおりますが、「クイズフェスティバル。は勝ち負けよりも楽しい思いをすることが大切」なのです。」
一問の正解で喜ぶ姿をずっと見ていきたいです。

また来年お会いいたしましょう。ぜひ東大宮に遊びにいらしてくださいませ。

スタッフ一同、心よりお待ちいたしております。

今回は本当にありがとうございました。(おしまい)



[64] 第28回回顧録「第七章」

投稿者: 初代実行委員長・山本 投稿日:2018年11月19日(月)23時33分22秒   通報   返信・引用

さて大会も大決勝、グランドチャンピオン大会を残すのみとなりました。
午前11時から約七時間、クイズをやり続けてまいりました。
皆さん本当にクイズがお好きなんですね。

「いよいよ今年のクイズフェスティバルも、決勝を残すのみとなりました。
決勝を担当していただけるのは、今年も田中健一さんです!
3年連続、ありがとうございます!
クイズに関わる人にとっては、もはや知らぬ者はいないご存じウルトラチャンピオンです!
今年も至高のクイズを!100年先まで残る、いや、未来永劫残る素晴らしいクイズを提供してくださいます!
決勝に進出された13人の方々はもちろん、観客の皆様も、心ゆくまで素晴らしいクイズを楽しみましょう!
それでは田中健一さん!よろしくお願いします!」

実は「多ヶ谷企画」で勝ち抜けた中学生の堀井さんが都合により決勝戦を棄権されました。
大変残念ではございますが、団体戦優勝チームのメンバーであることに敬意を表し、
今大会「第13位」という記録を残すことにいたします。

さて大決勝のルールは「上座争奪ビジュアルクイズ」
プロジェクターにより映像問題がスクリーンに映し出されます。
ただし答えは一つではなく問題によっては答えが3つ、4つ、5つもあります。

正解者は上座に移動、不正解者は下座に移動という基本は変わりませんが、
答えが4つある問題の場合、上座優先者は「4問正解者、3問正解者~」の順となります。

問題はここで紹介することが出来ないことが本当に申し訳ないくらいの良問揃い。
ジャンルも幅広く出題され、客席で観ているだけでも幸福な時間が過ごせます。
解答者も一問の不正解で一気に下位転落するから油断全く出来ない。

そしていよいよ最終問題。

スクリーンに4冊の小説の表紙(題名と作者名は消されてる)が表示。
この4冊の本の題名は何?という難問。
デザインだけで解るわけないと思っていたけど何と4つとも正解した解答者が出た!


ウイニングアンサー「蟹工船、火花、謎解きはディナーのあとで、ドグラマグラ」



  優勝) 多ヶ谷有 (栄東敗者復活)

準優勝) 橋本信明(多ヶ谷企画勝者)

第三位) 東大輔  (松ケ野企画勝者)

第四位) 秋田芳巳(井上企画勝者)

第五位) 西脇涼太(多ヶ谷企画勝者)

第六位) 山下雄太(栄東敗者復活)

第七位) 片岡桂太郎(井上・松ケ野企画勝者)

第八位) 山下智之(井上企画勝者)

第九位) 千原慧之(春日片岡敗者復活)

第十位) 春日誠治(松ケ野企画勝者)

第十一位)竹原奏音(春日片岡敗者復活)

第十二位)武満隼門(栄東敗者復活)


最終問題終了後の席次は上記の通り。多ヶ谷有さん優勝おめでとうございます。

第二企画も素晴らしかった!「東大宮は多ヶ谷のためにあるのか!」(元ネタわかるかな?)

素晴らしい決勝戦でした。12名のファイナリストの皆さん、田中健一さん、本当にありがとうございました。
田中さんには3年連続で決勝戦やっていただいて感謝しきりです。
「至高のクイズ」を体験できたことは皆さんにとっても良い財産になったと思います。

今回で田中健一さんの決勝企画は終了とはなりますが、来年以降は参加者としてご来場していただきたいです。企画者、スタッフ一同、参加者一同心よりお待ちいたしております。

さて多ヶ谷さんに優勝カップと「29年間一度も洗濯していないタスキ」が渡されました。
一年間「タスキがある生活」を堪能していただきましょう。

さて続いては居酒屋文蔵にて「大人のフェスティバル。(命名・神尾先生)」です。
飲みまくるぞ。

「第八章・大団円」につづく...。



[63] 第28回大会回顧録「第六章」

投稿者: 初代実行委員長・山本 投稿日:2018年11月19日(月)23時31分22秒   通報   返信・引用

さてステージ上で福西さんが、春日さんと片岡さんに詰め寄られていました。
ジャイアンに責められている野比のび太くんのようで楽しかったです。
「栄東の生徒さんたちは俺たち大人のために敗者復活戦をやってくれたんだぞ!
恩返ししないでどうするんだ!」その通りでございます。
春日さんと片岡さんの意見は正しい。

というわけで「高校生、中学生、小学生」のための敗者復活戦スタート!!
遅れて参加した栄東高校の皆さま、チャンスですよ。

プロジェクターに映し出された20問のペーパークイズに挑戦している46名。
テーマは予習。クイズ大会に参加するためには日付問題はチェックしておかなければいけない。
という訳で問題は全て「11月18日」に関わる問題でした。

得点上位者13名がステージに登壇して「早押しクイズに挑戦」です。
またこの時点で小学生福田くんは敗退。また来年以降もいらしてくださいね。

13人中、中学生は6人、高校生は7人(だったかな?)
普段から学校の部活で一緒に早押しやってるから、力関係は分かっているはず。
しかし、時間が経つたびに高校生の顔が青ざめて行く。
それもそのはず。いくら押しても高校生のランプが付かないのです。

ちなみに早押しクイズのテーマは「復習」。第一企画、第二企画、第三企画に出題された問題を順不同で出題しました。一度出題された問題を復習するのはクイズ界の基本ですよね。

しかしながら一度聞いた問題とはいえ、とんでもないポイントでバシバシ正解する中学生には驚きました。これは客席からも驚きの拍手。将来性ある生徒ばっかりで嬉しくなったよ。

当然ながら遅れて参加した高校生は不利。それでも局面を打開するためにチャージしていく姿には感動したです。心の中では「こんなはずじゃないぞ!」と思っていたんだろうな。
敗者復活したのは竹原奏音さん(高2)と千原慧之さん(中2)おめでとうございます!!

片岡さんからの二人へのご褒美は「クイズを続けていれば二年後と五年後にお酒を奢る」です。
ぜひ東大宮駅前「居酒屋・文蔵」で飲みましょうね。

春日さん片岡さんありがとうございました。初めての試みでしたが大成功でしたよ。
「クイズ界の未来は明るい」と確信いたしました。

さていよいよ田中健一さん「至高のクイズ」によります大決勝。
13人の中に「第28回優勝者」がいらっしゃいます。

「第七章」につづく...。




[62] 第28回大会回顧録「第五章」

投稿者: 初代実行委員長・山本 投稿日:2018年11月19日(月)23時29分26秒   通報   返信・引用

午前9時。栄東中学の生徒31名が怪しげな小道具を持って東大宮にやってまいりました。
会場前のステージ設定手伝っていただき本当にありがとう。みんな元気良く挨拶してくれて嬉しくなる。若いって素晴らしい。若いうちはやりたい事何でも出来るのさ。
開演前にフリバやってくれてありがとう。中学一年生の押しは凄かった。将来有望だ。

「さて、今年も敗者復活の担当は栄東中高クイズ研の方々です!
一昨年は「クイズ!100人に聞きました!」をモチーフとし、
昨年は「名探偵コナン」のような茶番…、もといドラマ仕立てのものでした!
今年はどんな内容なのでしょうか?
敗者復活するためには、我々はどんな「壁」を超えていかねばならないのか?
今年も楽しませていただきましょう!
栄東中高クイズ研の皆様、よろしくお願いします!」

今回は司会者、問読み、誘導係、ブロッカー。ステージ上は全員中学生。
全て企画運営は学生任せで先生はほとんど口出ししなかったとか。
はたしてどんなクイズが観られるのでしょうか?

さて2018年11月18日は「ミッキーマウス90歳の誕生日」。東京ディズニーランドでは11時間待ちだったけど東大宮では待ち時間ゼロでミッキー、ミニーなどのパレードが観れました。
しかもバイオリンの生演奏付き。ありがたいことです。B級感あふれていたのはご愛敬。
ディズニーに関係ないキャラもいくつかあって楽しかった。これでこそ栄東スピリッツ。

クイズ企画は「栄東の壁」。敗者6人対栄東中学一年生18人の対戦。
ただしクイズジャンルは全て「中学一年生が得意なジャンルのみ」
「岡崎体育「ドラえもん」「ファイナルファンタジー」「ドラクエ5」「広島カープの選手」青いぞ。

手練れの挑戦者たちに中学一年生が押し勝つ姿は痛快だったです。
これでも何人かは壁に打ち勝ちました。10名が「高校生クイズコーナー」進出。

次のコーナーは「地頭クイズ」。
プロジェクターに映し出される難問に二問正解すれば敗者復活です。

□桂銀金王金銀桂□。□に入るのは何?という問題に「角」と答えたのはご愛敬。

□RMFSRS□。□に入るのは何?この問題の答え解りますか?

スクリーンに問題が出た瞬間にボタンを押す解答者。スピード勝負だけど地頭勝負。
これに打ち勝ち敗者復活した3名は、山下雄太さん、武満隼門さん、多ヶ谷有さん。
見事に「栄東の壁」を破り大決勝進出を決めました。
おめでとうございます!!

栄東の皆さんは学校行事や試験などご多忙な中、早い時期から敗者復活戦の準備にとりかかっていただきました。本当にありがたいことです。感謝しきりでございます。

ところで「俺たちがお世話になりっぱなしで良いのか!!」と福西さんに詰め寄る二人が。

いったい何やらかすんだろ?

「第六章」につづく...。



[61] 第28回大会回顧録「第四章」

投稿者: 初代実行委員長・山本 投稿日:2018年11月19日(月)18時36分46秒   通報   返信・引用

自分の手元には鹿児島オープンの問題集が三冊あります。
実に問題の質が良い!!良問が多くおススメです。
鹿児島で鍛えられた薩摩隼人、松ヶ野紘史さんは前回大会が初出場。大会後の飲み会で今回の企画者に立候補。もちろん快諾いたしました。フェスティバル。は頑張っている若手を応援いたします。
果たしてどんなクイズが展開されますでしょうか?頑張れ松ヶ野!!

「続いての企画を担当していただけるのは松ヶ野紘史さんです!
来月、鹿児島にて鹿児島オープンが開催されますが、松ヶ野さんはそこで問題統括もされております。
ご都合が合う方は、是非とも鹿児島にも行ってみて、彼の問題と鹿児島グルメを堪能しましょう!
今日の企画も楽しみです!
それでは松ヶ野さん、よろしくお願いします!」

今回の企画は実にシンプル。だけど奥が深い。下克上ありえそうなルール。
第一ラウンドは「全員参加の映像ペーパークイズ15問」
正解数がそのまま各自のDP(ドライバーズポイント)となります。

二ラウンドは「全員参加の早押しクイズ」
各ラウンドごと20問限定。3〇1×。
第一ラウンドの得点下位者(同点の場合は近似値順)から順に10人~11人の組を10組作って
早押しクイズ。一抜け10DP、二抜け7DP、三抜け5DP、四抜け3DP。
1〇持っていれば2DP獲得。それ以外は0DP。

一ラウンドと二ラウンドのDP合計して上位10名が決勝進出。

これ良く出来たルールだと思いました。
映像ペーパーの得点低くても、第二ラウンドで一抜けで10DP獲れれば大逆転下克上ありえる
ルール。しかも早押しクイズはほぼ同じ得点持ち同士で対戦するから熱戦になる。
面白いじゃないか!!フェスティバル。企画らしい「全員参加で何でもあり」は大歓迎だぞ。

映像ペーパークイズは「ラグビーワールドカップ2019」のマーク、味の素株式株式会社の新ロゴなど届きそうで届かない問題が多かった。
一つ興味があることが。高峰秀子さんの映像を観て「カルメン故郷に帰る」を正解させた中学生小学生が何人いたかな?すんなり正解していそうな気がする。栄東中は何があっても驚かない。

今大会唯一の反省点は「第二ラウンド進出の序列」を作るのに時間がかかったこと。
同点者が何十人にもなって近似値差の序列を作るのは狭い通路内では難しかったです。行列を作らずに得点下位者からどんどん早押し機に10人~11人づつお呼びしていく方法がベストだったかな。自分は以前から企画書を頂いていたので、気が付くべきだったと思いました。
行列作りに協力していただいた皆さま本当にありがとうございました。

さて早押しクイズですが、これは楽しかった。下位グループは10DP目当てで一抜け狙いで押していく。自滅もあったけどいつもより積極的な押しが目立ちました。
会心の押しには会場から大きな拍手と歓声。これは暖かくて嬉しい。


こうして上位10名決定。ファイナルラウンドは「早押しボードクイズ」
ステージ上の10名はオープン大会決勝常連メンバーばっかりで白熱したクイズが展開されました。この厳しい戦いを勝ち抜いた3名は春日誠治さん、片岡桂太郎さん、東大輔さん。
やっぱり強かったです...。

松ヶ野さんありがとうございました。次々回以降また企画チャレンジしてくださいね。
フェスティバル。はヤル気がある若手を応援いたします。

さて次はお待たせいたしました!!
本日のメインイベント栄東中高クイズ研によります敗者復活戦「栄東の壁」です。
控室じは相変わらず怪しげな小道具がいっぱい。なぜかバイオリンも。

いったい何やらかすんだろ??

「第五章」につづく...。



[60] 大会回顧録「第三章」

投稿者: 初代実行委員長・山本 投稿日:2018年11月19日(月)16時39分53秒   通報   返信・引用   編集済

今回のクイズフェスティバル。の年齢層は「12歳から58歳」。年齢差は46歳です。
せっかくクイズを楽しみに東大宮に来ていただいた皆さまには「世代を超えた交流」をしていただきたい。この重責を担ったのは多ヶ谷有さん。昨年は初出場で第四位の好成績。今年は二回目出場で「第二企画」担当です。期待の若手のクイズ企画を楽しみにしていた参加者は多かったはずです。

「続いて、二つ目の企画を担当してくださるのは多ヶ谷有さんです!
私は、彼と同じサークルで活動していますが、
いつも彼の行う企画のすごさ、面白さには舌を巻く思いです!
(定型文の強さには定評があり、)
東日本新人王・早押し王の大会長を務めた実績もあります!

そんな多ヶ谷さんのすごい企画とすごいクイズをみんなで楽しみましょう!
多ヶ谷有さん、よろしくお願いします!」

今回の企画は「エントリーナンバー下一桁」で10組に分けての団体戦。
まずは指定エリアに集った各組内で自己紹介タイム。これは会心のアイデア。
ベテランから小中学生までが和気あいあいとしてる姿はこれまでのクイズ大会には無かった。
この柔らかい雰囲気を作ってくれた多ヶ谷さんに大感謝。

第一ラウンドはペーパークイズ10問。もちろん全員の協力、相談を前提とした内容。
これが鬼のように難しい。全員で分担しないととてもじゃないが解答できない。
例題あげてみますね。

第一問。□に入るアルファベット一文字は何?
T S L F L □

第四問。5文字なのに母音が4種類も入った英単語を1つ挙げなさい。
( INOUE などの固有名詞は不可)

その他、「タテヨコのカギの位置がわからなくなったクロスワードパズル」とか
超難解な暗号や計算問題など、10人以上集まって知恵を絞っても解けない問題ばっかり。
悪戦苦闘しながらもチーム内の結束は高まっていくのでありました。

第二ラウンドは「近似値チーム」。もちろん一筋縄ではいくわけない。
「現時点での全国の小学校の数」とか「史上最高額で落札された純金ボトル入りミネラルウォーターのお値段」など難しい問題ばっかり。多ヶ谷さん凄いな。

第三ラウンドは個人戦の三択クイズ。サドンデスで出題されて勝ち残り者が10人以下になったら終了。残った人数×5ポイントがチームに加点されます。これを5セット繰り返しました。
劣勢なチームにとって大逆転のチャンス!しかしそう簡単に上手くいくわけない。
思った通りの展開にならず頭を抱えるチーム続出。

全てのクイズが終わって、優勝チームは「下一桁8チーム」!!
喜こび勇んで登壇。早押し機前に並ぶ優勝チームの皆さま。
しかしチーム員に配られたのは「名刺サイズの紙」一枚とボールペン。

これに自分の名前を書いて抽選箱に入れてくださいという指示。決勝戦は何とクジ引き!!
まず最初に西脇涼太さん。その後は二位チーム、同率三位チームメンバーも抽選に加わり
橋本信明さんと堀井秀悟さんも大決勝進出決定!!めでたしめでたし。

参加者全員が100分間クイズを楽しめました。まさしく「クイズフェスティバル。史上屈指の名企画だったと思います。多ヶ谷さんありがとうございました。

さて続いての第三企画は...。早押しクイズに全員参加できますよ。ペーパー下位でも戦い方によっては決勝に残れる下克上アリのクイズです。お楽しみに。

「第四章」につづく...。



[59] 大会回顧録「第二章」

投稿者: 初代実行委員長・山本 投稿日:2018年11月19日(月)14時19分14秒   通報   返信・引用

会長のセーラー服に驚いてはいけない。歌手の森昌子さんは60歳過ぎた今でもコンサートではセーラー服姿でデビュー曲「せんせい」を熱唱されている。会長も負けてはならないとゆいたい。

さて第一企画は井上仁さん。昨年に引き続きトップバッターの重責を担っていただきました。
本当にありがとうございます。

「今年のフェスティバル、最初の企画を担当していただけるのは井上仁さんです!
今年、井上さんが主催した「第2日こうべオープン」も大盛況、大成功でした!
そして今、井上さんは乗りに乗っていますよ!
何といっても先月、ご結婚されました!
おめでとう!おめでとう!ちくしょー!おめでとう!
みなさん、お祝いの言葉の代わりとして、井上さんのクイズに全力で答えましょう!
それでは井上さん、よろしくお願いします!」

福西さんの「ちくしょー!」に力が入っていたのは気のせいか。
参加者から暖かい拍手をいただき井上仁さん登場。今年もお願いいたします。

まずは一回戦。参加者全員を抽選で10組に分けての2〇1×早押しクイズ。
各組から3人が勝抜け、二回戦戦に進出です。

フェスティバル。は大会開始30分で全員が早押しクイズに挑戦できます。
これは関口あすかさんからの伝統となって現在まで続いております。

ベテランでも初心者でも中学生でも小学生でも会長でも早押しボタンの前では全員平等。
誤答せずに2問正解すれば勝ち上がれます。

第一組では早くも小学生福田くんと会長が登場。しかしあえなく敗退。
今回は各組で波乱の連続。中学生が並み居る強豪を抑えて3名勝ち上がり。
これは素晴らしかった。会場の拍手は励みになります。この暖かさもフェスティバル。の長所。
勝抜け出来なかった中学生の中にも凄いポイントで正解出していました。栄東恐るべし。

こうして一回戦勝者30名決定。負けた皆さままだチャンスは山ほどあります。

続いては30名を10名づつ三組に分けての3〇1×。各組2人勝抜け。
あの厳しい一回戦を勝抜いた人たちが五分の一に絞られる。
狭き門にあせったのか惜しい誤答で自滅する人多数出るなか、勝ち上がった6名は本当に強い。
おめでとうございます。

勝者6名に敗者復活を勝ち上がった2名を加え8名で決勝戦。
敗者復活は「全員に『アルファベット一文字で標記される元素』を書いていただき、これが単独正解だったら復活。という厳しいルール。絶対に無理だと思っていたけど「タングステン」と書いたのはたった一人だけという奇跡。塩山奈津子さん素晴らしい。おめでとう。


決勝戦は6〇3×。3名が田中健一さん「至高のクイズ」で行われる大決勝に進出です。

もちろん普通の6〇3×ではない。解答者はデビュー直前のアイドルの卵。
正解ごとにステージがあがっていきます。全体正解数が5の倍数になった時点でクジ引き。
アイドルに恩恵or試練が与えられます。

「誰かが武道館に放火したせいでコンサートが延期」勝抜け者以外の〇が一つ減る、
「自分のアピールが足りないと言われた」自分の苗字+答え+芸名の順番で答える。など。

現実のアイドル会の泥仕合のような足の引っ張り合いを勝抜いた勝者は...。

片岡桂太郎さん。秋田芳巳さん。山下智之さん。おめでとうございます!!

この形式は「全員参加が原則」のフェスティバル。にとっても合う名企画だと思います。
また来年もお願いしたいな。もちろん違う形式でも良いよ。オープニングでここまで暖まれば
第二企画以降もやりやすい。大成功です!!

井上仁さんありがとうございました。

さて第二企画ですが大会目標である「世代を超えた交流」にふさわしいクイズ形式。
早押し機は使わないと公言しております。
いったいどうなることやら。

「第三章」につづく...。



[58] 大会回顧録「第一章」

投稿者: 初代実行委員長・山本 投稿日:2018年11月19日(月)14時17分5秒   通報   返信・引用

第28回大会に参加された121名の皆さま本当にありがとうございました。年に一回の「クイズ界のお祭騒ぎ」。ガチ、バラエティ、運頼み、不条理何でもありです。自分はいつも開会式で、「今日のクイズフェスティバル。は何でもありです。犯罪以外なら何やっても良いです。楽しみましょう」と話しております。参加者全員に楽しい思いをしていただきたいです。

さて楽しむためのナビゲーターは「名司会者・福西省平さん」です。
三年前は見事なクイズ企画をなしとげ、昨年、今年は軽快で見事な司会で会場を温めてくれます。
彼が考えている前回優勝者や企画者の紹介文は本当によく出来ています。
これから8回に分けて紹介文を全部披露させていただきます。

今回の大会の前日、主催団体「グランドスラム」脇屋会長が「99人の壁でグランドスラム達成」という快挙を成し遂げました。これは縁起が良い。大会開会式では「会長の功績を讃える映像(作成者・高橋次郎さん)が流され、さらにセーラー服姿で登場という放送事故なみの演出。
これどうやってツッコミ入れたら良いのか福西さんも困ったろうな。

気を取り直して前回優勝者からトロフィーとタスキ返還。

「前回のフェスティバル、「星空」という美しい回答で優勝されたのは新井仁一さんです!
彼の優勝は、フェスティバルに新しい歴史と、そしてあのタスキにさらなる加齢臭をもたらしました!
今年はどんな活躍をされるのか!
V2なるか!ディフェンディングチャンピオン、新井仁一さん、ご登壇ください!」

新井さんは約束通りタスキを洗濯せず一年間保存していただきました。
この善行は必ず彼のクイズ人生に良い結果をもたらすことでしょう。

さて第一企画、井上仁さんのクイズが始まります。
早押し機前には抽選で選ばれた10人。ベテランや栄東中学の生徒に混じって「史上二人目の小学生参加者・福田くん」やセーラー服姿の会長が。早くも波乱含みだぞ。

どうなることやら。(第二章につづく)


レンタル掲示板
60件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.