天空編について語るスレ




[0] 天空編について語るスレ

投稿者: 管理人 投稿日:2013年 5月 3日(金)11時24分31秒 p030daa.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp

『世紀末の研究報告』に密着して発展した霊的通信といえる巨大な記録史について語るスレ





[18] 極悪宇宙人が宇宙を征服!

投稿者: 〇十sun 投稿日:2015年 4月13日(月)20時02分51秒 pa8ec7b.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  返信

極悪宇宙人が宇宙を征服!
太陽(ミロク)の説明
1
あれは、はるかはるか大昔のことだったのです。
われわれの住むこの広大な宇宙は、とても平和でした。
もちろん宇宙に住む多くの知的生物たちは、文明の発達段階には差がありました。
しかし、一番高度に発達した種族は平和で心優しかったのです。
お陰で宇宙全体に争いはありませんでした。
おもいだしてもほんとうにすばらしい楽園そのものの宇宙だったのです。
ところが大変なことが突然おこりました。
仲間の一族が急に豹変して無法を働きだしたのです。
彼らは今まで宇宙で一番進化した天使でした。
そして親切で心優しく、他の種族をていねいに指導してくれていたのでした。
彼らが無法を働くなんて考えられることではありませんでした。
そしてその一族とは以後正式にはコンタクトがとれなくなってしまいました。
われわれはすぐ天使間で会議を開いて対策を考えました。
しかしこんなことは宇宙始まって以来なかったことです。
どうしていいかわかりませんでした。
彼らはわれわれ平和に暮らしている種族にあることないことで難癖をつけてきました。
それによって戦争に持ち込んできたのです。
われわれは今まで平和に暮らしてきました。
だから他種族と戦うなどということはまったく頭にありませんでした。
はじめはいかに難癖をつけられても無抵抗だったんです。
でも無抵抗な仲間たちは、次々と殺されていきました。
無抵抗でも殺されるだけとわかりました。
そこで天使間で相談して防衛のための宇宙連合を作ることになりました。
そして情報を集めました。
それによりますと、どうもその無法な種族は誰かに支配されてしまったようなのです。
支配者は他の宇宙から突然やってきた超宇宙人らしいのです。
でもその支配者はたった一人だったのです。
信じられますか?
たくさんの天使たちがたった一人の宇宙人に支配されるということが。
さらにわれわれは情報を集めました。
どのように支配されているかがわかりました。
支配者となった宇宙人は、肉体の無い幽霊だったのです。
つまりその幽霊みたいな霊体に憑依されてしまったのです。
やっと事態がのみこめました。
肉体を持つ天使たちが、肉体の無い幽霊みたいな霊にとりつかれたのです。
こんなすごい幽霊がいるなんてことはわれわれの宇宙では聞いたこともありませんでした。
推測するにその幽霊の超宇宙人は他の宇宙で生まれた生命体らしいのです。
彼は超科学を獲得した超生命体のようでした。
彼は、はるか大昔にこのホームページを読んでいるあなたがた現代の人類とおなじように遺伝子を研究し不死となったのでしょう。
ここまではわれわれ天使と同じでした。
われわれも遺伝子を研究して不死になったのですから。
人類だって今不死になる研究をしているでしょう。
だがその宇宙人は不死の体で長い間研究を続け、ついには超科学を獲得したらしいのです。
この超科学はわれわれ天使たちも獲得していないすごい科学らしいのです。
彼は、超科学により未来にも過去にも自由自在に行くことができるらしいのです。
タイムワープができるのです。
あなたがたの映画にありましたね。
「バックトゥザフューチャー」という映画を見たかたも多いでしょう。
あの世界です。
未来にも過去にも移動できるのです。
その他に宇宙から他の宇宙へ移動できるのです。
こんなことは今の地球のみなさんでは理解できないでしょう。
あなたがたの住んでいるこの宇宙以外にも他に宇宙があることをご存じですか?
われわれもあることは知ってはいても行くことはできません。
又その超宇宙人は宇宙の中を瞬時にして移動できるらしいのです。
つまりスペースワープが自由にできるようになっているらしいのです。
彼はタイムワープとスペースワープの能力を得るために肉体が邪魔だとわかったようです。
それをやりやすくするためにわれわれが持っているような肉体まで捨ててしまったのです。
つまり、霊体となっていたのです。
ですから幽霊のような存在となっていたのです。
どうも肉体を持っていると、このタイムワープとスペースワープがやりにくいらしいのです。
霊体となったこの超宇宙人は、この宇宙以外にもたくさんある宇宙を自由に行き来できたらしいのです。
そしてたまたまひょっこりやってきた一つの宇宙全部が気に入ったようなのです。
その後その宇宙ぜんぶを乗っ取ってやろうと思ったのでしょう。
それがわれわれ天使たちや、あなたがた人類が住むこの宇宙だったわけです。
幽霊のような存在のこの超宇宙人は、宇宙全部を支配するために肉体が必要になったのでしょう。
そこで宇宙で肉体を持っていながら最高に進化した天使ともいうべき生命体を発見しました。
そして彼らにとりついて利用することにしたようです。
そこで前にも言ったようにわれわれ天使の一族に取り憑いてしまったのです。
霊体になると肉体を持つものに自由に取り憑くことができるらしいのです。
憑依された天使たちはぐうぜんあなたがた人間と同じ形の肉体を持っていたのです。
肉体は人間と同じでも、科学力は人類が想像もできないほど進んでいました。
肉体のある天使たちに憑依したこの超宇宙人は、天使たちを手足として使いはじめました。
そして念願の全宇宙の征服を始めました。
憑依された一族の者たちも、あまり無茶なことを強制されるので、はじめは抵抗しようとしたらしいのです。
でも抵抗した者は即殺されたみたいです。
もちろん憑依されるのは一族のうちのただ一人です。
だが、その超宇宙人は憑依する相手を一瞬のうちに変えることができるらしいのです。
そうすると抵抗しようとしてもその動きを一瞬のうちに察知されてしまいます。
すぐにその者に憑依して完全にコントロールしてしまいます。
そうゆうわけで天使一族全体が抵抗できなくなってしまったようです。
もちろん抵抗のそぶりを2回以上見せたら即殺されてしまいます。
これにより抵抗は無理だとわかったみたいです。
こうしてこの超宇宙人は、抵抗できなくなった宇宙で最高に進化した一族を手足として使うようになりました。
そしてこの宇宙全体を乗っ取るため、無数の悪事を始めました。
この超宇宙人は、あなたがた人類がサタンと呼んでいる生命体だったのです。




[17] Re: ほぼ現存しています

投稿者: 〇十sun 投稿日:2014年 8月31日(日)20時53分51秒 pa8edd6.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  返信

Re:



[16] ほぼ現存しています

投稿者: 〇十sun 投稿日:2014年 7月27日(日)21時23分52秒 pa8edd6.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  返信

ナンバー1から13まではフミのミクラ〇二サイトで保存。
つづきは終末と太陽の検証サイトで保存されています。



[15] Galaxy Express 999

投稿者: 〇十sun (010203) 投稿日:2013年 6月23日(日)02時26分59秒 p037837.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  返信



[14] 言えないよ

投稿者: 〇十sun(010203) 投稿日:2013年 6月18日(火)02時53分19秒 p030daa.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  返信



[13] 03 夢・恋・人。

投稿者: 〇十sun(010203) 投稿日:2013年 6月18日(火)02時49分42秒 p030daa.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  返信



[12] 「天空の城ラピュタ」 君をのせて

投稿者: 〇十sun(010203) 投稿日:2013年 6月18日(火)02時43分27秒 p030daa.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  返信



[11] 天空編が見れません

投稿者: ゑんとつsun(010203) 投稿日:2013年 6月 2日(日)12時43分44秒 p030daa.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  返信

現在宇宙の真相サイトが消えているようです



[10] 「蛇が岳」について。

投稿者: ゑんとつsun(010203) 投稿日:2013年 5月 6日(月)15時53分58秒 p030daa.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  返信

 
「蛇が岳」について。

52種類のグループに分けられた数字を縦に重ねた山のこと。
今回五十人(具体的人数は重要ではないとのこと)の救世主が隠れている山のことだと思います。聖書であれば、ひとつの記に書かれている節は1,000から2,000といったところなので節をメートルにくっつけて、1,000節メートルから2,000節メートルといった標高に例えることができます。また聖書についていうと山の数については、旧約聖書と新約聖書の合計分の数となります。
その山々ひとつひとつは神示(ふで)に書いている二二(富士)とナルトの仕組みで52個の低い山にすることができます。52はひふみ算で5+2=7という意味もあるようです。蛇が岳が振り分けられて低い山となりました。その山に集まっている節の背番号をひふみ和算して一桁の数字にします。そうしてそれぞれの節は数字の1から順番に9まできれいに並べることとができます。その計算どおりに並べられた節の山にはどうやら救世主がいるような
内容になっている。そのような結果になるだろうと予測しています。
実際に旧約聖書の「イザヤ書」は52個のグループ分けが済んでおりますのでおとひめかいで確認できます。神示(ふで)もほぼ振り分けました。神示(ふで)の場合は読み手によってそれ相応に受け取るようになるそうです。それは元の蛇が岳(書籍に書かれているそのまま)の状態を指して言っているのかもしれません。天理教や金光教や黒住教も息を吹き返すのはこの蛇が岳を意識するところから始まるのかもしれません。


以下は<NO4373より引用>
http://www31.tok2.com/home2/slicer21/0-jv-space-4373.html
おしゃべりサルさんのメール

千成さん

おしゃべりサルです。

暗号の件ですが、確かに権力者の都合が悪くなるような教えや、史実が世に出る場合 は、弾圧があったり、 偽書あつかいされ闇に葬られたり過去にありますね。

おっしゃるようによほど貴重なものだから簡単に分からないようにしてあるんです ね。

「なにも云うでない、云うてよい時は知らすぞ」

という事にて、その時を楽しみに待 ちましょう。

それまでは自己流の解釈でいきますか。





千成の返事

おしゃべりサルさん、いつも メールありがとうございます。

神示の暗号化の件ですが、以下の帖には


蛇(じゃ)が岳は昔から神が隠してをりた大切の山ざから、

人の登らぬ様にして、

竜神となりて護りて呉れた神々様にもお礼申すぞ。


という部分があります。

神示では、“山”が何度もでてきます。

“山”を“ひふみ神示”または “神示が伝えようとしている内容”にたとえたりしている場合も ありそうです。

岳と山とは似ています。

辞書によると

「蛇(じゃ)が岳」

の岳は、 「高くて大きい山」

のことだそうです。

なんだか

「荒削りな登りにくい山」

を想像させます。

これに「蛇(じゃ)」がついています。

蛇というのは、くねくねしています。

見るのもいやです。

多くの人にとっては、見たり、さわったりしないので理解のしにくい生き物です。

ただでさえ登りにくい高い山に蛇までいたら、登ることなんてとんでも ないことです。

わたしは、この蛇(じゃ)が岳というのは、ひふみ神示の前身である 日月神示の中の“くねくね文字”や“理解しにくい記号”のことではないかと、フト思いました。

日月神示は、漢数字、仮名、記号混じりで普通には読めません。

まったく理解できない状態で、一般人には、触れるのも“なんだかな~”という 状態です。

理解できない部分は、ひふみ神示にも相当残っています。

これが

「蛇(じゃ)が岳」=日月神示= (ひふみ神示の中の暗号)

ではないかと感じました。


暗号にして、

人の登らぬようにして=人が理解できないようにして

ありますよ。

この暗号化には、龍神の知恵が働いているのですよ。

暗号にして月人から、神示を守ってくいれた龍神さん、ご苦労様。


なんて言っているのかも、と感じました。

解読に専念されている御三人のみなさま、この解釈を見て

“その考え方は、なんだかな~”

となりましたでしょうか?


たけ【岳・×嶽】

大辞林でも 「たけ」 を検索する
《「だけ」とも》

1 高くて大きい山。高山。







2 山のいただき。頂上。〈日葡〉


ひふみ神示 第二巻 下つ巻 第一帖(43)

昭和十九年七月十二日、

旧五月二十二日(1944年)

富士は晴れたり日本晴れ。

青垣山めぐれる下つ岩根に祀り呉れた、

御苦労ぞ、

いよいよ神も嬉しいぞ。

鳥居はいらぬぞ、

鳥居とは水のことぞ、

海の水ある

それ鳥居ぞ。

皆の者 御苦労ぞ。

蛇(じゃ)が岳は昔から神が隠してをりた大切の山ざから、

人の登らぬ様にして、

竜神となりて護りて呉れた神々様にもお礼申すぞ。

富士は晴れたり日本晴れ。

いよいよ次の仕組にかかるから、

早う次の御用きいて呉れよ、

神急けるぞ、

山晴れ、地(くに)晴れ、海晴れて、

始めて天(てん)晴れるぞ。

天晴れて神の働き いよいよ烈しくなりたら、

臣民いよいよ分らなくなるから、

早う神心(かみこころ)になりて居りて下されよ。

つぎつぎに書かしておくから、よく心に留めておいて下されよ。

この道(おしへ)は宗教(をしへ)ではないぞ、

教会ではないぞ、

道ざから、今までの様な教会作らせんぞ。

道とは臣民に神が満ちることぞ、

神の国の中に神がみちみつることぞ。

金儲けさせんぞ、

欲すてて下されよ。

七月の十二日の神示(ふで)、

ひつくのか三。



ロックさんのメール

ロックです。

千成さんお疲れさまです。

その解釈はしっくりきました。

「鳥居はいらない」

とありますが鳥居は昔、日本軍が占領した地に鳥居を置いたところからも、権威付けのような意味合いを感じますので、この蛇が岳のような神示を解くのに、今の学の権威付けや下手なはったりのようなものはいりませんて感じかもですね(^^)

いやいや鳥居は水ってなんでしょう・・?

洗い流すべき物?





千成の返事

ロックさん、メールありがとうございます。

ロックさんの言われるように鳥居は水の部分もひっかかりますね。


地上のものをきれいに洗い流してくれる 海の水があるから鳥居はいらない


ということなんでしょうか。

たしかに、海の水が地上をぐるぐる回転する「ノアの大洪水」の後は、きれいさっぱり何も残りませんもんね。

ありゃ!



 



[9] 宇宙と星の大きさ

投稿者: 名無しさん 投稿日:2013年 5月 5日(日)14時44分27秒 p030daa.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  返信



[8] 紫外線で見る M31 アンドロメダ銀河

投稿者: 名無しさん 投稿日:2013年 5月 5日(日)14時36分49秒 p030daa.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  返信



[7] 天の川銀河宇宙6

投稿者: 名無しさん 投稿日:2013年 5月 5日(日)14時33分51秒 p030daa.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  返信



[6] 天の川銀河宇宙5

投稿者: 名無しさん 投稿日:2013年 5月 5日(日)14時31分33秒 p030daa.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  返信



[5] 天の川銀河宇宙4

投稿者: 名無しさん 投稿日:2013年 5月 5日(日)14時29分51秒 p030daa.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  返信



[4] 天の川銀河宇宙3

投稿者: 名無しさん 投稿日:2013年 5月 5日(日)14時28分23秒 p030daa.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  返信



[3] 天の川銀河宇宙2

投稿者: 名無しさん 投稿日:2013年 5月 5日(日)14時27分8秒 p030daa.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  返信



[2] 天の川銀河宇宙1

投稿者: 名無しさん 投稿日:2013年 5月 5日(日)14時25分10秒 p030daa.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  返信



[1] 回想シリーズその1(転送)

投稿者: ゑんとつsun(010203) 投稿日:2013年 5月 3日(金)15時15分54秒 p030daa.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp  返信

回想シリーズその1 投稿者:ゑんとつsun(010203) 投稿日:2013年 4月29日(月)22時53分26秒 返信
  回想シリーズその1

天使の代弁者という役柄で書いているようなので天使になりきった様子です。
氷治氏ご本人は天使と断定はされていないとおもわれますので幾分千成氏ご本人の主張が強いと思われます。
天空編の第一号となる記事ですが、1万件を超える記事になってから改めて書き直したコラムにもなっているようです。。
神は宇宙を作らずと神示に書いていますので、宇宙は宇宙人の裁量で作られたことがわかってきました。



宇宙の真相サイト:天空編
NO1
http://www31.tok2.com/home2/slicer21/space-1.html
千成記

このサイトの内容は、氷治氏の語るところと千成の 主張とを合体編集したものです。

氷治氏は、


宇宙はサタンが支配しており、地球文明も サタンの指導のもとに、つくりあげられたものである。


と主張されています。

そこで、当サイトは、氷治氏の主張が正しいかどうかを検証するために これから様々な情報を収集していくことになります。

ページ数としてはは、天空編だけでも1万ページを超えるようになりました。

そして、約1万ページの情報収集の結果、サタンの存在もほぼありえると いうことが見えてきました。

そして地球文明は、サタンの指導のもと、地球人も最上位には イルミナティ世界権力などの存在もありえるということになりました。




極悪宇宙人が宇宙を征服!


天使の自己紹介
わたしに少し自己紹介をさせてください。

わたしはあなたがたが“天使”と呼んでいる存在の一人です。

天使なのですが、宗教内で呼んでいる天使とは少し違います。

わたしは、この宇宙で最高に進化した生命体なのです。

わたしの回想を聞いていただけませんか。


あれは、はるかはるか大昔のことだったのです。

われわれの住むこの広大な宇宙は、とても平和でした。

もちろん宇宙に住む多くの知的生物たちは、文明の発達段階には 差がありました。

しかし、一番高度に発達した種族は平和で心優しかったのです。

お陰で宇宙全体に争いはありませんでした。

思い出しても本当にすばらしい楽園そのものの宇宙だったのです。

ところが大変なことが突然おこりました。

仲間の一族が急に豹変(ひょうへん)して無法を働きだしたのです。

彼らは今まで宇宙で一番進化した天使でした。

そして親切で心優しく、他の種族をていねいに指導してくれていたのでした。

彼らが無法を働くなんて考えられることではありませんでした。

そしてその一族とは以後正式にはコンタクトがとれなくなってしまいました。

わたしたちはすぐ天使間で会議を開いて対策を考えました。

しかしこんなことは宇宙始まって以来なかったことです。

どうしていいかわかりませんでした。

彼らはわれわれ平和に暮らしている種族にあることないことで 難癖をつけてきました。

それによって戦争に持ち込んできたのです。

わたしたちは今まで平和に暮らしてきました。

だから他種族と戦うなどということは まったく頭にありませんでした。

はじめはいかに難癖をつけられても無抵抗だったんです。

でも無抵抗な仲間たちは、次々と殺されていきました。

無抵抗でも殺されるだけとわかりました。

そこで天使間で相談して防衛のための宇宙連合を作ることになりました。

そして情報を集めました。

それによりますと、どうもその無法な種族は誰かに支配されてしまったようなのです。

支配者は他の宇宙から突然やってきた超宇宙人らしいのです。

でもその支配者はたった一体だったのです。

信じられますか?

たくさんの天使たちがたった一体の宇宙人に支配されるということが。

さらにわれわれは情報を集めました。

どのように支配されているかが分かりました。

支配者となった宇宙人は、肉体の無い幽霊だったのです。

つまりその幽霊みたいな霊体に憑依されてしまったのです。

やっと事態がのみこめました。

肉体を持つ天使たちが、肉体の無い幽霊みたいな霊にとりつかれたのです。

こんなにすごい幽霊が存在するなどということは、われわれの宇宙では聞いたことも ありませんでした。

推測するにその幽霊の超宇宙人は他の宇宙で生まれた生命体らしいのです。

彼は超科学を獲得した超生命体のようでした。

彼は、はるか大昔にこのホームページを読んでいる あなたがた現代の人類とおなじように遺伝子を研究し不死と なったのでしょう。

不死ということを理解できますか?

不死とは“永遠の命”を持つということです。

わたしたち天使もすでに不死の生命体になっています。

われわれも過去に遺伝子を研究して不死になったのです。

人類だって今不死になる研究をしているでしょう。

だがその問題の宇宙人は不死の体となって、その後長い間研究を 続けたのでしょう。

ついには超科学を獲得したらしいのです。

この超科学はわれわれ天使たちも獲得していないすごい科学なのです。

彼は、超科学により未来にも過去にも自由自在に行くことができるらしいのです。

タイムワープができるのです。

あなたがたの映画にありましたね。

「バック トゥ ザ フューチャー」という映画を見たかたも多いでしょう。

あの世界です。

未来にも過去にも移動できるのです。

その他に一つの宇宙から別の宇宙へ移動できるのです。

こんなことは今の地球のみなさんでは理解できないでしょう。

あなたがたの住んでいるこの宇宙以外にも他に宇宙があることをご存じですか?

われわれも存在することは知ってはいても別の宇宙に 移動することはできません。

又その超宇宙人は多数存在する小宇宙の中を瞬時にして 移動できるらしいのです。

つまり スペースワープが自由にできるようになっているらしいのです。

彼はタイムワープとスペースワープの能力を得るために は、肉体が邪魔だとわかったようです。

それをやりやすくするために、われわれが持っているような 肉体まで捨ててしまったのです。

つまり、霊体となっていたのです。

ですからわたしたちから見たら幽霊のような存在となっていたのです。

どうも肉体を持っていると、このタイムワープとスペースワープが やりにくいらしいのです。

霊体となったこの超宇宙人は、この宇宙以外にもたくさんある宇宙を 自由に行き来できたらしいのです。

そしてたまたまひょっこりやってきた一つの宇宙全部が気に 入ったようなのです。

その後その宇宙ぜんぶを乗っ取ってやろうと思ったのでしょう。

それがわれわれ天使たちや、あなたがた人類が住むこの宇宙 だったわけです。

幽霊のような存在のこの超宇宙人は、宇宙全部を 支配するために肉体が必要になったのでしょう。

そこで宇宙で肉体を持っていながら 最高に進化した天使ともいうべき生命体を発見しました。

そして彼らに取り憑(つ)いて利用することに したようです。

そこで前にも言ったようにわれわれ天使の一族に取り憑いて しまったのです。

霊というものは肉体を持つものに自由に取り憑くことができるら しいのです。

憑依された天使たちは偶然あなたがた人間と同じ形の肉体を持って いたのです。

肉体は人間と同じでも、科学力は人類が想像もできないほど 進んでいました。

肉体のある天使たちに憑依したこの超宇宙人は、天使たちを手足として使いはじめました。

そして念願の全宇宙の征服を始めました。

憑依された一族の者たちも、あまり無茶なことを強制されるので、 はじめは抵抗しようとしたらしいのです。

でも抵抗した者は即殺されたみたいです。

もちろん憑依されるのは一族のうちのただ一人です。

だが、その超宇宙人は憑依する相手を一瞬のうちに変えることができるらしいのです。

そうすると抵抗しようとしてもその動きを一瞬のうちに察知されてしまいます。

すぐにその者に憑依して完全にコントロールしてしまいます。

そうゆうわけで天使一族全体が抵抗できなくなってしまったようです。

もちろん抵抗のそぶりを2回以上見せたら即殺されてしまいます。

これにより抵抗は無理だとわかったみたいです。

こうしてこの超宇宙人は、抵抗できなくなった宇宙で最高に進化した 一族を手足として使うようになりました。

そしてこの宇宙全体を乗っ取るため、無数の 悪事を始めました。

この超宇宙人は、あなたがた人類が サタンと呼んでいる 生命体だったのです。


レンタル掲示板
お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.